尊敬するお姉さんへ

f0079640_2226254.jpg
別の部署のお姉さんが退職することになり、贈ったメッセージカードです。
その部署は人数も少なく、仕事も多いのにいつも笑顔で親切で頼りになる方でした。
アンガーコントロールとかどうしてるんだろう?と思わずにはいられない。
とても素敵なお姉さんでした。
次のお仕事でも頑張ってください(^^)!の気持ちを込めて。

[PR]

# by hikousei | 2018-11-04 22:33 | イラスト・掲示物

コーヒー一杯分の物語

映画『コーヒーが冷めないうちに』を観ました!
小説がまだ文庫になっていないので、なったら購入しようとかと思っていた作品。
ちょうどお休みも取れたので観てきました。

CMでは「4回泣ける!」と宣伝されていたのですが、ウルッときたのは2回くらいかな。
最初は舞台である喫茶店とそのシステムの説明、内容も切なさよりも明るさが目立ちます。
薬師丸ひろ子さん、松重豊さんのお話には思わずウルッときました。演技も素敵です・・・。
映画館でも泣いている人の音が聞こえました(笑)母も隣りで泣いてました。
最後は、主人公の場合はどうするんだろう?と思っていたので、「なるほどねー」と言う感じでした。
最後に携わった4人がカメラ目線で語りかけるのは無かった方が(カメラ目線でなくても)良いのでは・・・と思いました。
せっかく物語に入り込んでいたのに、急に境界線を意識させられた気がします。
それが無ければ、テンポもいいので連作短編集の映画を見ているような感じで面白かったです。
小説自体も続編が出ていますし、上手く作れば続編もできるのかな~。


[PR]

# by hikousei | 2018-10-06 20:46 | 日記

静かに、けれど強く響く

家のパソコンの調子が悪く、中々更新できていないうちに、
もう7月になってしまいました…。
仕事は異動してから7月で一年経ちました。
やりたいことはたくさんあるのに、分からないことも多く、調べながらやるので時間がかかります_:(´ཀ`」 ∠):

7月10日に映画『羊と鋼の森』を観ました!
ちょうど休みが取れ、映画が終わってしまいそうで慌てて行ってきました。
もう1日一回しか上映してなかった。入れ替わり早いなぁ…。
音楽が久石譲さんなので、素敵なテーマ曲と共に優しい物語が楽しめました。
途中、両親と犬を失った青年がピアノを弾くシーンでは涙ぐんでしまいました。「ちはやふる」の机君を演じた俳優さんだったかな。
平日で人も少なかったから涙ぐんでもバレなくて良かった(笑)
主人公が悩みながら、自分の目指す音や調律師としてのあり方を探す姿が印象的です。
そして出演者含め上白石姉妹のピアノがすごい上手い!
西郷どんの鈴木亮平さんもいい先輩として出演されて、山崎賢人さんにアドバイスしてくれます。
セリフが無くても音と映像で魅せる映画でした。
オススメです(*^_^*)

母が現在入院中のため、思わず文庫を買って貸しました。
でも音を聞いて映像を見てほしい作品です。

[PR]

# by hikousei | 2018-07-16 20:26 | 日記

最後にして極み!!

3月30日に『髑髏城の七人~極~』を観に行きました。
花(小栗旬)、上弦の月(福士 蒼汰)に続き、極(天海祐希)です!
★前回の舞台のときにポスター画像(ブラック加工)を添付していますので、リンクからどうぞ♪

友人Iさんと行くはずが、お仕事で行けなくなってしまったため、
天海さんを見たい!見たい!と言っていた母と行ってきました(^^)
3回目となると経路も分かるようになって、方向音痴としては安心です。

設定や内容もリンク先で一度書いているので割愛しますが、とても良かったです!!
天海さんの太夫姿は美しいし歌も上手い、古田新太さんも演技が上手いし、
本筋のストーリーから少しアレンジを加えつつ、最終的には花や上弦の月と近い形で終わります。
シリアスな場面が多かった中でも、笑いどころがしっかりと用意されています(笑
7人の役割が今までと違っていたり、「え、あの人が!?」といくキャストや裏切りもあり、
ドキドキしながら楽しめました!
そして、ちょうどこの日が開演から1年目だったらしく、最後に天海さんから一言ご挨拶がありました(^^)
母も大興奮&大満足しておりました(笑

銃を使うことで一層迫力があり、女性らしさもありながら力強さも際立つ舞台でした。
360度回転って面白い!と思えます。また観たいな~!
ぜひぜひオススメです(^^)

[PR]

# by hikousei | 2018-03-31 19:42 | 日記

ついに完結

3月14日(水)の仕事帰りに、映画の試写会に行ってきました。
映画『ちはやふる 結び』です。
異動前の課のアルバイトさんが、妹さんが行けなくなったため、私が「上の句」「下の句」観ているのを知っているからか誘ってくれました(^^)!
本日公開なので詳しいことは書きませんが、面白かったです。

【ざっくり説明】
末次由紀さんの大ヒットコミックを、広瀬すず主演で実写映画化した
「ちはやふる 上の句」「ちはやふる 下の句」の続編。主題歌も前回に続きPerfume。
瑞沢高校競技かるた部の1年生・綾瀬千早がクイーン・若宮詩暢と壮絶な戦いを繰り広げた全国大会から2年後・・・。
3年生になった千早たちは個性派揃いの新入生たちに振り回されながらも、高校生活最後の全国大会に向けて動き出す。
一方、藤岡東高校に通う新は全国大会で千早たちと戦うため、かるた部創設に奔走していた。
そんな中、瑞沢かるた部で思いがけないトラブルが起こる。
広瀬すず、野村周平、新田真剣佑ら前作のキャストやスタッフが再結集するほか、新たなキャストとして、
瑞沢かるた部の新入生・花野菫役を優希美青、筑波秋博役を佐野勇人、映画オリジナルキャラクター
となる千早のライバル・我妻伊織役をの清原果耶、史上最強の名人・周防久志役をの賀来賢人がそれぞれ演じる。

笑いどころも多くて、試合の場面は熱があって退屈しませんでした。
個人的には、上の句は太一をフォーカスし、下の句は新にフォーカスをあてたように思いました。
今回の結びは、部員一人一人の想いや千早を取り上げつつ、太一の回だったように感じます。
挫けないことの難しさ、誰かを追いかけることの切なさ、仲間との青春を描いた作品でした。
試合のシーンは大きいスクリーンで観たくなります。
苦手ですけど、百人一首がやりたくなるなぁ~(笑
3部作全てオススメです。原作コミックが完結したら大人買いする予定です(^^)

[PR]

# by hikousei | 2018-03-17 18:31 | 日記

子どもから大人まで楽しめるオーケストラ♪

f0079640_1525996.jpg

2月12日(月)に友人Iさんに誘われて、コンサートに行ってきました。

Disney on CLASSIC Premium 『リトル・マーメイド』イン・コンサートです。

【公式情報】
この公演は、ディズニー映画『リトル・マーメイド』をフルオーケストラの演奏とともに
大スクリーンで上映するフィルム・コンサートだそうです。
映画のセリフや効果音はそのままに、劇中の音楽をオーケストラの生演奏と、バラエティ豊かな
キャストの歌やパフォーマンスで楽しめるものになっています。
友人Iさんが、以前にラプンツェル?を見て感動したらしく、今回のチケットも取ったのだとか。
私はフィルム・コンサートというもの自体初めて知りました。面白い試みですね(^^)
にわかなので、感想も簡単で申し訳ないですが・・・。

キャストさんも多彩な日本人アーティストが勢ぞろい!
アリエル役は高畑充希さん(ドレス姿も歌も素敵でした)、
セバスチャン役はヒップホップアーティストのKREVAさん(意外なお仕事でした!)、
陽気な料理人、シェフ・ルイ役はお笑いのジャングルポケットの斉藤さん(一番面白かったです!)
エリック王子役にミュージカル界のトップ・スターの井上芳雄さん。
(全然詳しくないので、後日他の方に話したら、みんな井上さんを知っていました・・・^^;)
他にもマルシアさんの悪役っぷりが格好良かったです!歌も上手い!!

そして、アラン・メンケン氏、ジョディ・ベンソン氏が登場されました。
来日されたアラン・メンケン氏は、『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』
『塔の上のラプンツェル』『ポカホンタス』『ノートルダムの鐘』など数々の名曲を生み出し、
アカデミー賞(R)8度受賞を誇る、“ディズニー・レジェンド”の一人。
トークやピアノ演奏、歌を交えたスペシャル・ステージで素敵でした。

一方のジョディ・ベンソン氏は、1989年公開の映画『リトル・マーメイド』で主人公アリエル役を演じ、
その後も続編のテレビアニメや、ゲーム、テーマパークのアトラクションでも継続して
アリエルの声を演じ、2011年に“ディズニー・レジェンド”を受賞されたそうです。
ブロードウェイでも活躍され、日本で歌声を披露するのは、2002年に出演した
「ディズニー・オン・クラシック ~まほうの夜の音楽会」以来、16年ぶりだったそうです。
今回は、本編上映後のスペシャル・ステージに登場されました。
ご本人も観客へメッセージを贈りながら涙ぐんでいらっしゃいました。
最後にはキャストの皆さんと「under the sea」を熱唱し、大いに盛り上がりました。
退場後に再度ステージへ戻り、観客をスマホで撮っていたおちゃめな方でした(^^)


友人Iさんはディズニー好きなので、感動して泣いていました。
初めての体験でしたが、客層もお子さんも多く、子どもから大人まで楽しめて感動するステージでした。


[PR]

# by hikousei | 2018-02-15 01:52 | 日記

進化する舞台

f0079640_200182.jpg

2月2日(金)に、友人Iさんと舞台を観に行きました。
4月に行った『髑髏城の七人 season花』の、今度は『髑髏城の七人 season月~上弦の月~』です。
ダブルチームでの舞台ですが、私は上弦の月の方に行きました。
福士蒼汰さん、早乙女太一さん、三浦翔平さん、渡辺いっけいさんが演じています。その他にも若手の俳優さんたちが多かったです。
ストーリーは「花」と同じですが、歌や踊りが所々に散りばめられていて楽しめました。
「花」の時とは違う小ネタや戦闘シーン(鎌から鍬が増えて面白かったです!)も笑えます。
みぞれの中向かったので、とにかく寒くて・・・行くまでは大変でしたが、行ってよかったです(^^)

そして、3月末にある『髑髏城の七人 season極』のチケットが取れました!
友人Iさんすごいな・・・誘ってくれてありがたいです。本当に今年度は舞台に恵まれているなぁ~
物語も一新されているそうです。主演が天海祐希さんなので楽しみすぎる!
古田新太さんも素敵ですし、どうやら『髑髏城の七人』でも、捨之介も蘭兵衛も出てこない“もうひとつの『髑髏城の七人』”らしいです。完全新作。
あらすじでは、天海さん演じる織田信長に愛された雑賀衆のスナイパーで今は遊女の<極楽太夫>、
古田さん演じる<天魔王>の二人の愛憎劇だそうです。
これまでの『髑髏城の七人』の中で最も“織田信長”像が引き立つ物語が描かれるようで、戦国時代好きにはたまりませんね!
3月末なので仕事に追われていそうですが、頑張ります。
f0079640_200179.jpg

[PR]

# by hikousei | 2018-02-14 20:00 | 日記

スーパー歌舞伎II

f0079640_144860.jpg

f0079640_144888.jpg

f0079640_19295778.jpg
11月~2月にかけて、舞台やらオーケストラやらに縁あって行きました。記録程度にまとめます。
11月18日(土)に「ワンピーススーパー歌舞伎Ⅱ」に行きました。
母が職場の抽選?に当たったらしく、小雨の中会場へ。着物の方々が美しいですね。
ニュースでもありましたが、主演(市川猿之助さん)の怪我により代役(尾上右近さん)の舞台となりました。
スーパー歌舞伎は高校生の時に三国志を観た以来・・・火や水、紙吹雪が美しくてワクワクするイメージでした。
実は、原作のワンピース読破を途中で断念したので、今回はあらすじを必死に読みました(笑)
母なんてざっくりしか知らないのですが、二人で大いに楽しみました。

ドラマ「陸王」にも出演されていた市川右團次さんもいらっしゃいました。
他の方々も(ストーリー上)オカマちゃんに扮して踊っていたり、バニースーツを着ていたり・・・大変だなぁ(笑)
もちろん、戦闘シーンでは水の中に飛び込んだり、バク転したり、「おぉ!!」と感動することばかり。
尾上右近さんもルフィとハンコックの二役の立ち回りが素晴らしかったです。
どこで変わったのか分からなかったくらいです。
休憩時間にタンバリンの宣伝映像がありますが、宣伝する二人(オカマちゃん)がだんだん可愛く見えてくる不思議。
楽しいシーンや悲しいシーンも、思わず見入ってしまいました。ゆずがテーマソングなのですね。
詳しくは書きませんが、大満足なスーパー歌舞伎でした(^-^)♪

ワンピース好きな友人Iさんには、誕生日プレゼントとして会場限定のお土産をたくさん買って帰りました。
後日渡した時に喜んでもらえてよかったです。

[PR]

# by hikousei | 2018-02-13 01:04 | 日記

映画2本立て

1月7日(日)に映画2本を観ました。

『嘘八百』
中井貴一さんと佐々木蔵之介さんがダブル主演。
「幻の利休の茶器」をめぐる騙し合いを、面白く時に切なく描かれ、やっぱり最後はクスッと笑える作品です。
ストーリーとしては、舞台は大阪の堺、千利休を生んだ茶の聖地。
空振り続きの古物商が、落ちぶれてしまった陶芸家(腕は良い)と出会い、
大御所鑑定士に一杯食わされた2人が、仕返しのために「幻の利休の茶器」を仕立て上げ一攫千金を狙います。
そんな彼らの行動が、家族や仲間、文化庁までも巻き込む大騒動に発展していくコメディ映画。
友近さんたちの食卓のシーンが笑えます。
紙、文字、箱を仕立てる三人組も好きでした。時間も短めでオススメです(^^)

『キングスマン・ゴールデンサークル』
以前に1を観たくて映画館を探したのですが、今回はいつも行っている映画館でも公開されました。
今回は、謎の組織「ゴールデン・サークル」によって、ロンドンにある高級スーツ店を隠れみのにした
スパイ組織「キングスマン」の根城がつぶされてしまいます。
残ったのは、以前スカウトされて腕を磨いたエグジー(タロン・エガートン)と、メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)だけ。
二人は敵を追い、同盟組織の「ステイツマン」の協力を求めてアメリカへ渡ります。
前回死亡したと思われたハリー(コリン・ファース)が登場したのが何より嬉しかったです(^^)!
1が好きでしたが、今回の戦闘シーンもスタイリッシュでカッコいい!
囚われの身としてピアノを弾かされるエルトン・ジョンも登場したり、マーリンの歌う「故郷に帰りたい」が切なくて・・・。
あの瞬間、心の中で「マーーリンーー!!!」となったのは私だけではないはず(笑)
エグジーももう出ないのかな・・・次回作のあるような終わり方でした。
血が出る描写もありますが、グロくはないです。
ど迫力のカーチェイスや戦闘シーン、お茶目なセリフやコミカルで魅力的なキャラクターの多い作品です。
1のシーンを思い出す描写も多いので、1も含めてもう一度観たくなりました。オススメです(^^)

[PR]

# by hikousei | 2018-01-15 20:01 | 日記

あけましておめでとうございます!

f0079640_18413125.jpg


























11月頃からパソコンの調子が悪くなり、修理に忙しさから中々更新できませんでした。
7月から異動して半年、毎日新しい仕事を覚えることに必死です。
そんな中でも昨年は、オペラやスーパー歌舞伎(この話は後日)のチケットがめぐってきたり、
舞台好きな友人に誘われて、舞台を初めて観に行ったりと面白い1年でした。
そして2月以降も舞台があったり(笑

今年の年賀状の手書きは、スヌーピーにしてみました。
今年は大学時代のゼミの先生が定年退職なさるそうなので、ゼミメンバーで集まろうかと計画もあります。
久しぶりにみんなと会いたいな(^^)

いつも足を運んでくださる方々、偶然たどり着いた方々、ありがとうございます。
今年も何とぞよろしくお願いいたします。

[PR]

# by hikousei | 2018-01-03 22:02 | 日記